雪だるまを作ってはカメラで撮ってブログに公開して楽しむ

デジカメと一昔前の使い捨てカメラでは、1年に撮影する枚数や撮影する景色が変わりました。

使い捨てカメラの場合、貴重だという意識があったので自分のお気に入りグッズや小物などは全く撮りませんでした。

また、風景だけの写真も、もったいないから必ず人物を入れて撮影しました。
しかも、同じ場所の同じポーズは2枚と撮ることはしませんでした。
無駄なものを撮らないようにしていたのが使い捨てカメラ時代でした。

修正ができないのが使い捨てカメラなので、思いつくままにシャッターを切るなんてことはできません。

デジカメの便利な時代になってから思うと、今は周りの景色から小物、自分1人の顔まで好きなものを撮れているのでなんてデジカメは贅沢なものなんだろうって思います。

デジカメで高いものと安いものを比べると値段に開きがあるのはもちろん、画素数も違うけど、どんなに安くても使い捨てカメラよりもいい写真が撮れるし、修正出来るので便利なことに変わりはありません。

真っ白な白銀の世界をカメラで撮るのが趣味です。東北に冬に行きますが、その東北では冬になると雪が降ります。

その雪が降ると庭が真っ白の雪で染まります。その真っ白になった庭は実に幻想的で美しいです。

木々に雪が積もってはオブジェのようになっていますし、岩は雪がかぶって真っ白です。

地面も真っ白で、そこはもう美しい白銀の世界一色になります。そんな中を歩いては、カメラで撮るのが楽しいです。

東北の冬の山に行った時には向こうの方からネズミが歩いてきました。

偶然の出会いに嬉しくなり、カメラで撮りました。
雪が降って楽しいのは、雪だるまを作ったりすることです。

一人で作ってはカメラで撮ります。
雪だるまは何度見ても可愛く、愛着がわきます。

顔を付けたりするとますます可愛くなり、そんな姿をカメラで撮ってはブログにアップしちゃいます。

子供からのコメントがあったりして、ますます張り切っては魅力的な雪だるまを作ってしまう私でした。
きっとフィルムの使い捨てカメラだったらこんな写真は取らなかっただろうし、このような楽しみも見つけられなかっただろうと思います。

あまりに便利だから、1年で撮影枚数は1000枚を超える勢いです。

だけど、プリントしてもらうのはほんの一部ですが、撮影した画像をいつでもパソコンで見ていられるのが楽しいです。

<特別サポート>
工務店向け集客ノウハウ|ページランク|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|アダルトアフィリエイト|英語上達の秘訣|内職|内職 アルバイト|サイドビジネス|家計見直しクラブ|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|FXシストレ|JALカード|アフィリエイト相互リンク|